STRUCTURE

STRUCTURE

誠実な構造・工法で、住まいと家族の安全を守ります。

適切な基礎設計

【地盤調査】
オーヴィジョンマンションでは、標準貫入試験などの地盤調査を事前に行い、建物に対し最も適切な基礎方式を選定しています。オーヴィジョン吉敷Ⅱでは、地表から約11mの位置に強固な支持基盤が確保されたため、地表から比較的近い位置に支持基盤がある場合に用いられる直接基礎方式を採用しています。

基本構造
1戸境壁構造

隣り合う住戸間を区切る戸境壁は、強度とプライバシーが保たれるように200㎜のコンクリート壁としています。

2外壁構造

外壁のコンクリート厚を120〜150mmとし、さらに住戸内側から断熱材を施し、断熱性に配慮しています。

3二重床・二重天井構造/ボイドスラブ工法

床と天井は、将来のメンテナンスやリフォーム等にも対応できる様、二重構造とし、床にはLL-45・LH-50(メーカー性能値)の下地材を使用し、生活音への配慮をしています。また、部屋の中の小梁をできるかぎりなくし、すっきりとした空間づくりを実現する為に、ボイドスラブ工法を採用しています。

生活音への配慮

洋室1・浴室・トイレの間仕切り壁にはグラスウールを充填しています。また、各住戸パイプスペース内部の配管等は、遮音材を施し、生活音への配慮をしています。

QUALITY

お客さまに「安心できる住まい」をお届けするために。

品確法

住宅の品質確保の促進等に関する法律

「瑕疵担保責任の10年間の義務化」・「住宅性能表示制度」・「紛争処理体制の整備」を3本柱に住宅取得者が良質な住宅を安心して手に入れるための法律として2000年4月1日に施行されました。

住宅瑕疵担保履行法

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律

住宅供給者に対し10年間の瑕疵担保責任の履行が可能となるような資力確保(保証金の供託もしくは保険加入)を義務付けること等を内容とする法律として、2009年10月1日に施行されました。

住宅性能評価

品確法に基づき、住宅の性能を共通のルールに基づいて第三者(=国に登録された評価機関)が客観的に評価し、表示する制度です。設計図面を審査し、評価する設計住宅性能評価と、その設計通りに工事が行われているかの検査を行う建設住宅性能評価があります。

住宅瑕疵担保責任保険

建設住宅性能評価申請住宅・住宅瑕疵担保責任保険住宅のさらなる安心

現場検査

国家資格を持った専門の検査員が、建築基準法で定められた検査とは別に、検査を行います。

指定住宅紛争処理機関

万一、お客様と売主の間で保証責任について意見が異なる場合、紛争のあっせんや調停・仲裁を指定住宅紛争処理機関に申し立てることができます。

  • (※新築住宅の購入者に限り利用できます。申請料10,000円が必要です。)

品質管理

オーヴィジョンマンションでは、建築基準法による検査及び「エストラスト・設計事務所・建設会社」での検査を行い、さらに第三者機関による公平かつ厳正な検査を建築中に実施して、お客様に「安心できる住まい」をお届けします。

  • ※掲載のイラストはイメージであり実際とは多少異なります。
  • ※掲載の図面は設計図書を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。